光触媒とは?

太陽、蛍光灯から発生する紫外線をエネルギーとして、二酸化チタンにインフルエンザウイルス、MRSA、大腸菌、シックハウス症候群、花粉、臭い等の有機物が触れると、水と二酸化炭素に分解・浄化する働きがあり、ランニングコストをかけずに、安定した処理効果を発揮します。

外装に吹き付ける塗料及びタイルに練り込んだ商品は以前からありましたが、中部メンテナンスの工事は、内装材をメインに壁紙、クロス等へ吹き付けます。サッシ、ガラス等の光沢のあるもの、色の濃いもの(黒色等)、電化製品などには施工はいたしません。

また、光触媒の他の特徴として、超親水作用があります。 これは、酸化チタンのコーティングにより、汚れが雨などの水が流れることにより、洗浄されるセルフクリーニング作用があります。既に、ビルの外壁や、窓ガラスに利用されています。

さらに最近では、紫外線のみならず、可視光線応答型の光触媒も開発されており、太陽光の届かない暗所でも、蛍光灯の光で、その効果が期待できる商品も取り扱っております。( ヒカリアクターV3:カタライズ製

光触媒の主成分である二酸化チタンは、食品添加物・化粧品・歯磨き粉・ホワイトチョコレートなどに広く使用され、安心・安全で人にも優しい物質です。

光触媒を噴霧・コーティングいたしますが、その効果は目視で確認することが出来ません。そこで中部メンテナンスでは、生物に存在するATP(アデノシン三リン酸)を綿棒でふき取り、試薬を用い発光させルミテスター(キッコーマン社製)という計測器で計測し、存在するATP量を数値化(相対的光量)して御提供することが出来ます。