リクレイムドウッド・展示パネル製作 2015.06.01

先日、展示パネルの製作を行いましたので、
ご紹介をさせて頂きます。

古材パネル-01 古材パネル-02

今回のパネルは加工により表面が変化していく様子を
見て頂くためのサンプルを作製しました。

リクレイムドウッド(古材)は原材料のダイナミックな表情から
加工を行う事で、表情を大きく変えていきます。

原材料(パネル縦左列)
     →ハーフプレナー加工(中列)
          →オイルフィニッシュ(右列)
と原材料の状態では埋もれがちな古い帯鋸のあとや釘跡、表面のキズが
手を入れる事で浮かび上がっていきます。

特にバーンサイディングでは長年の風化により出来た表面の凹凸により
プレナー加工で削れるところ削られないところが絶妙な
表情を表します。


<オーク材(横1段目)>

古材パネル-03

<広葉樹MIX材(横2段目)>

古材パネル-04

<針葉樹MIX(横3段目)>

古材パネル-05

<バーンサイディング(横4段目/最下段)>

古材パネル-06



※写真の為、光量のバランスにより実物と色味が多少変わる場合があります。

 印刷の場合、印刷機では実物と多少違う色味が出る事が有ります。



各、商品のご質問等

是非 お問い合わせください。